自宅で出来ちゃう下半身ダイエットのエクササイズとは?

自宅でできる下半身ダイエット・ライフ

下半身を引き締める方法のひとつして挙げられるのが毎日のエクササイズです。

お尻から太もものラインのエクササイズですが、フィットネスクラブに行ければ一番良いですが、中々、時間やお金の都合で難しかったりしますよね。

ですので、自宅でできるエクササイズを実践してみましょう!

自宅でも手軽に出来るエクササイズ方法として挙げられる方法として、まず「スクワット」があります。

最初にしゃがんだ体勢から、太ももの力を使って少しずつ立ち上がり、完全に立ち上がった状態の時に、お尻から太ももの裏側にある筋肉が完全に収縮されているイメージを描きながら、立ち上がり、完全に収縮されている状態をおよそ2秒ほど保ちます。

その後にゆっくりと最初のしゃがんだ状態の位置まで直します。
その時にしゃがんだ状態の時にお尻から太ももの裏側が完全に伸びているイメージを描きます。

この反復運動が「スクワット」の基本となります。

そして次に
「下半身痩せ-ふくらはぎ」のエクササイズです。

ふくらはぎには大きく分けると2つの大きい筋肉があります。
ひとつは、背伸びしたときに、ふくらはぎの裏側が2つに割れる筋肉、そしてもうひとつが、その筋肉の外側にある、「ヒラメ筋」と呼ばれる筋肉です。

フィットネスクラブに行くと、専用のエクササイズマシンがあると思いますが、自宅ではフルレンジの動作を心がけた、エクササイズを実践してみましょう。

エクササイズの方法ですが、階段や小さい段差を利用します。

開始位置のふくらはぎの筋肉が完全に伸びた状態にして、ふくらはぎの裏側にある筋肉を使い、徐々に背伸びしていくように上げていきます。

上まで上がった時の状態で、ふくらはぎの裏側の筋肉を収縮させて、この状態で2秒ほど姿勢を保ちます。

この時ふくらはぎの外側にあるヒラメ筋も、動員されているかどうか触って確認して下さい。

自分の体重では少し軽く感じられるようでしたら、ダンベルなどの器具を持ってやると良好です。

15~20回が回数の目安となります。

ふくらはぎのエクササイズはあともう少し頑張って増やして30回ほどでも良いのではと思います。

重量に関しましては、上記でご説明した回数を、頑張って全力でこなして、なんとかできるくらいの重さに設定してみて下さい。

この一連の動作を2~3セットするのが適切かと思います。

ダイエットも視野に入れているようでしたら、これら一連のエクササイズは毎日、実践しても構いません。

時間の都合がつかない場合は有酸素運動を優先してみて下さい。1日、2日、間隔が空いても気にしなくても大丈夫です!

ダイエットが目的でしたら、食事と運動の関係が重要ですので、どんなに部分痩せがしたくても、エクササイズだけでは、ほとんど効果がないみたいです。

なぜかと申しますと、部分痩せをする、その前に全身ダイエットを最優先させる事がとても重要となるからです。

どうしても、気になるようでしたら、下半身痩せなどの部分的なダイエットを取り入れることがとても重要なことになります。

多くの方が、「下半身痩せをしたい!」と、考えていらっしゃるようですが、実は普通のダイエットで、ほぼこの悩みから開放されるようです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP

UA-74756217-1