下半身太りの原因ってなに?

下半身が太るメカニズムを考える

女性が「下半身太り」に陥りやすい理由として、脂肪を溜め込む「レセプター」というものが、特に下半身にたくさん配置されているからだと考えられています。

「レセプター」とは、脂肪の貯蔵や放出を司る受容体の名称です。

下半身には脂肪を放出する「レセプター」1個につき、脂肪を貯蔵するレセプターは6個あると言われています。

ということは、上半身はその逆になりますので、下半身は上半身に比べて6倍(!)もの脂肪を貯蔵しやし仕組みということになります。

下半身太りの原因「セルライト」とは

「セルライト」とは、お尻や太もも周りの皮下脂肪組織が、まるでスポンジのごとく、「脂肪」「水分」「老廃物」を溜め込み、どんどんと巨大化してしまっている状態のことを言います。(こうして書くととても怖い感じですね)

「セルライト」のほとんどは脂肪から構成されているのですが、通常の脂肪組織とは異なりますので、「ダメージを受けてしまった脂肪細胞組織」と、言われています。

皮膚の直下にある脂肪組織に「セルライト」は形成されていますので、いわゆる「痩せている人」でも、「セルライト」は見受けられます。

女性は下半身に皮下脂肪を溜め込みやすい体質ですので、「セルライト」も、下半身に発生しやすいのです。

これが原因となり、「下半身太り」になってしまいます。

「セルライト」を形成してしまう生活習慣として、「ジャンクフード」や「糖分の多い食物」の過剰摂取、「大量の飲酒」などから引き起こされる、食生活の乱れにより、脂肪がどんどん蓄えらるのです。

「海藻類」や「くだもの」を摂取しないで、「濃い味付けのもの」や「加工食品」を、たくさんとりすぎると、ナトリウムとカリウムのバランスが崩れてしまい、たんぱく質の不足が起きてしまい、体内の組織内に水分が淀んでしまうのです。

まだある!下半身太りの原因

「姿勢」もとても重要で、「正座」や「足を組んで座る」といった、生活習慣から、リンパ管や動脈を圧迫して、下半身にある水分が淀んでしまいます。

「喫煙」「便秘」「運動不足」「カフェインの過剰摂取」
これらの事柄も、「セルライト」を引き起こしてしまう要因でもあります。

ですので、「生活習慣の改善」が、「正しい下半身痩せ」につながります。

まずは、自分で出来ることから、すこしづつムリせずに改善させていくことが、少し遠回りの様でも確実な「下半身痩せ」になります。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

UA-74756217-1