下半身の部分痩せ・太もも編-1

太ももをスリムにするには筋肉が必要

女性の方でダイエットをお考えの方でしたら、二の腕や、太もも、お尻などの下半身などの部分的に痩せたい場所がある方も多いかと思います。
ですが、実際は下半身の一部分などの部分痩せというのは非常に難しいのですよね。
下半身痩せなど、部分的にスリムにしたい場合でも体全体のダイエットを行うことがやはり基本となります。
そして、それにプラスして実践できる部分痩せの方法をここではお話させていただきます。
それでは下半身痩せ、なかでも太もも痩せについて、クローズアップしてみますと太ももの脂肪をなくすためには、ある程度の筋肉が必要となるようです。
脂肪を燃焼させて代謝をより上げるためには、太ももに、程良い筋肉を付ける必要があります。
なお、同じ体重でも脂肪より筋肉の方が重いので、太ももが引き締まって見えます。
太ももの筋肉の付ける時の理想として、太ももの前面に筋肉がつくと太ももが平べったく(横に広がって)見えてしまいますので太ももの裏側に筋肉を付けるようにします。
こうすることで、太ももが横に広がらず、より細く見えるようになります。

ウォーキングが良質な筋肉を作る

正しいウォーキングを実践する事で、太ももの裏側に付いている大腿二頭筋や、背中にある筋肉などがより発達し、その結果として後姿がとてもキレイになるようです。
太もも痩せのウォーキングの基本ですが、まず背筋をしゃんと真っ直ぐに伸ばし、1本の線の上を歩くようにして、つま先で蹴りだし、足を前に出し、膝をたたむように、意識してもう片方の足の膝にすり合わせ、次に踏み出した足はかかとから地面に着地します。
後ろ足はふくらはぎと、太腿の裏側を意識するようにして最後までつま先が残るようにします。

残念なことに、食生活を変えるダイエットでは、太もも痩せは、思うような結果を出すことが、大変、難しいようです。
通常のダイエットですと、太もも以外の部分から痩せていく事が比較的多いようです。
太ももをスリムにさせるには、セルライトや脂肪を運動することで脂肪燃焼させていくしか方法がないようです。

ストレッチも太ももやせに効果あり

太ももを引き締める効果がある方法にストレッチがありますが、方法として、まず最初に仰向けになります。
そして、片足を天井方向へ真っ直ぐ伸ばして両手でささえます。
その時に、反対の足は地面から離さないようにしてひざを約90度に曲げます。
そして、腰を浮かしながら両手は上げた足の太ももの裏側を支えます。
これを片足10秒を2セット行います。

このように、部分痩せはなかなか難易度が高いのですが、一般的なダイエットと並行して部分的なストレッチや適度な運動を行うことで、可能になるかと思います。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP

UA-74756217-1